【活動レポート】補助金サポーター養成プログラム第3回セミナー開催!

◆開催日時:2023年9月19日(火)13:00〜15:00

◆場所:zoomオンライン同時配信

◆テーマ:高単価案件獲得のための提案の仕方

こんにちは、WEBプランナー田原です。

今日は先月プレオープンした補助金サポーター養成プログラムの第3回セミナーを開催しました。

持続化補助金、IT導入補助金の具体的な内容はこれまでに解説してきましたので、最終回となる今回は、具体的にこの補助金を活用してどのように本業に結びつけるのか、ということを中心にお伝えしました。

実際に、私が補助金を武器として、クライアントさんに提案している具体的な流れ、またこのような話し方をすると話が流れやすい…という注意点も踏まえ、かなり具体的に公開!

例えば、「補助金が受け取れますよ!」とお客さんに提案するとしたら、残念ながらほとんどの場合失敗します….

何故かというと、本来クライアントさんが何か制作物やツールやシステムを活用して、集客や売り上げアップのために施策をとっていくことを考えるはずなのに、補助金を受け取る事が目的となってしまい、本来の目的を見失ってしまうからです。

それに補助金というのは「先払い」の仕組みなので、なぜか補助金が「貰える」と勘違いしてる人がものすごく多いんですよね、、

なので、「補助金が受け取れますよ!」と言うのは、正しくもありますが、正確に言うと間違った表現になります。

もちろん、補助金を武器にするというのは戦略としては正しいことであって、実際に私自身も補助金を活用した売上高は3000万円を超えました。

なので、最終回となるライブセミナーで伝えた大きなポイントは、本業の仕事を獲得しやすくするために補助金を提案しましょうということです。

多くの人が、仕事を獲得するためにいろんな手段やトークを考えますが、視点を変えて考えてみることが、他者と違う結果を出すことができる秘訣。

ここであなたに質問ですが、

お客さんにどのように話をすると、お客さんはあなたに依頼しやすくなると思いますか??

この「相手視点」の考え方を持つことが、補助金提案に限らず、何よりも大事になります。

そして講義の後半は、実際に参加者さんの質問にリアルタイムで答えていくという時間にしました。

表向きのマニュアルでは言えない、実際に裏側で採択されやすく提案をしている具体的な内容なども参加者さんにはお伝えしたので、とにかく実践としてクライアントさんに提案して欲しいと思います!

今回、オンラインプログラムとしてリリースする前に、コンテンツ収録も兼ねてライブセミナーも開催したわけですが、やはり直接話が出来ること、直接学べる事というのは1番身に付くことだなと実感しました。

オンライン上でコンテンツだけを提供することも効率化としては良い事ですが、やはりいざという時に「これってどうすればいいの??」「この時ってこれでいいんだったっけ?」と悩みが出てくるから、マンツーマンでの相談ではないにしても、少人数のグループで相談会を設けていくことが、何よりも力になるなと感じました。

この補助金サポーター養成プログラムは、今後2つのカテゴリに分けて10月にリリース予定です。どちらにしても、この補助金を自分で活用していただくこともできるし、クライアントさんへの提案の手札として使っていただくこともできるようにしていきたいと思っています^^

やはり、リアルタイムでのセミナー開催は好きだし、参加者さんが複数いることで生まれる空気感や相乗効果が何よりも価値があるから、私はシナジー効果を生む学習スタイルで提供することをポリシーにしていきたいなと思います。

さ、次回は10月に本番リリース予定です!

楽しみにしていてくださいね!それでは、今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。