会社概要

会社名     Youseed(ユーシード)
代表取締役   田原靖識
設 立     2018年9月
所在地       〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡1F fabbit内
電 話             092-791-9650
メール     info@youseednext.com
提携先企業   株式会社アイマーチャント
主要取引銀行  三菱UFJ銀行、福岡銀行

事業内容

・ビジネスモデルの企画、編集、製作および販売
・WEB集客、販促全般に関するコンサルティング業務
・事業のオンライン化の開発、設計
・デジタルコンテンツの制作、販売支援
・WEB販促媒体の制作(ホームページ、ランディングページ他)
・会員制サービスの構築

略歴

WEBセールスプランナー

田原 靖識 (たはら やすのり)

働く時間を増やさずに、高額サービスも売れて、今とは別の継続収入まで作れるオンラインの仕組み構築を支援。

大学卒業後、一部上場会社に就職。DM制作などのプロモーションを中心とした販促に携わる。約12年の在職期間中、営業成績で全国1位にランクインするなど実績を上げるも、顧客との表面的な関わりに物足りなさを覚え起業。

起業準備のために学んだYouTubeやオンライン集客の技術と会社員時代の営業スキルとの掛け算で独自のマーケティング手法を完成させ、個人・法人のビジネス構築のプロデュースに従事。

集客から収益安定のためのビジネスモデルまでを仕組み化することを得意とし、現在は、東京・福岡の2拠点で活動。魅力あふれる個人が大手企業と対等に活躍できる起業風土作りを目指して東奔西走の日々。

企業・行政向けコンサルティングのほか、起業家・経営者向けのビジネスコミュニティにて講演を行う。

実績

  • クライアントの8割以上が3ヶ月以内に月商100万円超のベースアップ実績
  • SNS広告を活用した集客の仕組み構築で売上300%超え
  • 法人向けリードナーチャリング戦略で売上100万円〜300万円アップ
  • ステップメールで毎月10〜50万円の売上の自動化を構築
  • セールスコピーライティングを取り入れたLPで売上2000万円超え
  • オンライン教材のプロデュースで100万円、400万円の販売実績
  • 会員数120人超のサブスクリプションモデルの運営
  • ライブプロモーションでクライアントの売上100万円以上の実績多数
  • YouTubeを活用したネット選挙運動で全国統一地方選挙にて市議会議員選の当選を支援(2019年)
  • 建築システム会社の完全自動化のステップメール戦略で成約率30%超え
  • 上場企業の製菓卸売会社のマーケティング販売部門の支援

セミナー関連実績

  • セミナー集客の仕組み化セミナー 東京(2018年4月)
  • LINE@売上ベースアップ講座 福岡(2018年10月)
  • YouTube集客マーケティングセミナー 東京(2019年2月)
  • 整体院向けWEB集客の仕組み構築講座 特別講師 福岡(2019年3月)
  • 動画マーケティングの未来と今すべき集中セミナー 東京(2019年3月)
  • 治療家、セラピスト向け100名以上参加のセミナー講演(2019年8月7日)
  • 個人起業家向け会員制ビジネス講座1期(2020年3月〜6月)
  • 経営者向けビジネスコミュニティの福岡支部立ち上げ(2020年4月)
  • 個人起業家向け会員制ビジネス講座2期(2020年7月)

ほか 多数

出身、現在の所在地は…
福岡県のど田舎出身。現在は福岡市内に在住。福岡と東京の2拠点で事業を展開している。

好きなもの、関心があるのは…
美味しいものを食べること、自然の多い景色の綺麗なところに行くこと。
カフェ巡り(特にコーヒー好き)、中学から大学までテニスをしていた(ソフトテニス、硬式テニス)。

モットーは
「人は人で磨かれる♪」「さぁ、今日は誰を喜ばせようか!」

ご挨拶

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます!

WEB集客のコンサルティングやプロモーション運営として個人、法人向けに活動をしています。ビジョンは「ビジネスを通して笑顔になる人を増やすこと」。仕事の充実は人生の充実につながっていると思っています。やりがいを持ってイキイキと働く大人が増えることで、活気ある世の中になると思うとワクワクします!そのために、私は届けたい想いを持っている素敵な人・会社をオンラインを通じて世の中に広めていくことが私のミッションとしています。

遡ること10年前、私は会社員をしながら副業を始めました。当時インターネットを活用したビジネスが流行っていたのですが、私はといえば飛びついては失敗しての繰り返しで半年経たずして500万円以上をドブに捨てました。会社の仕事も徐々にやる気がなくなり途方に暮れていたのですが、汐留本社から地元福岡へ転勤することになり、実はこれが私の人生の大きな転換期となりました。

福岡に来ると、東京での仕事のやり方との違いに戸惑いながらも、地方ならではの地元愛、生まれ住んだ街にいることに誇りを持って事業をしている経営者の方々との出会いから、自分が稼げればいいという考えではなく、出会った人の役に立つ仕事がしたい!という思いが深くなっていきました。

何が自分にできるか当時はわかりませんでしたが、WEBの知識を身につけていくことに没頭し、気づけばインターネットを活用した「集客の仕組みづくり」や「YouTubeを使った販促のバリエーションの多さ」などを武器として自ら提案していました。本業は印刷物の営業がメインなのにウェブマーケティングの提案の方に魅力を感じ、休日にはさらに学びを深めるためセミナーにいったり、徐々に私も講演する側として住んでいる福岡だけでなく、東京、大阪と講師として呼ばれるようになりました。

そこから多くの経営者の方と出会い、ビジネスのビの字も分からない私に、事業を立ち上げることの楽しさ、そして他の起業家、経営者さんのビジネスに携わっていくことで、自分が売上を達成するよりも相手の喜ぶ姿を見る方が何倍も自分は嬉しいんだということ気づきました。そのときのお客様の笑顔が今でも忘れられません。

そして2018年4月に12年間お世話になった会社を辞め独立。沢山の先輩経営者から励ましの言葉をいただき、今ではビジネスを教えていただいた方とも一緒に新しい事業を立ち上げているのが、本当に楽しく思います。現在の目標は雇用を生むことで、今後は20代、30代向けの育成事業も行なっていきたいと考えています。

「さぁ、今日は誰を喜ばせようか!」「ビジネスは結果も大事だけど過程も楽しもう!」という言葉が好きで、これまでにない発想のアイデアや新しい切り口の企画力をもって、多くの方の事業に携わる楽しさを感じながら、充実した自分の理想の人生に一歩ずつ近づいています。

残高3万円のどん底を経験。これが僕のはじまりでした。

これまで現在のことをお伝えしましたが、実は最初から順風満帆な日々ではありませんでした。

サラリーマンをしながらの副業時代はセミナーやコンサルティングを行い、売上も単月で100万円いくこともあり順調に伸びていたので、当時は脱サラすればもっと事業はうまくいく!と本気で思っていました。

でも現実はそんなに甘くなかったです。

単月で稼げても継続性がないと意味がない。

これは本当にその通りです。私が行っていた事業は高単価なコンサルティングでしたが、実はこれに落とし穴があったことに気づいていませんでした。その盲点とは、サービスの満足度を落とさないためには受託できる人数に限界があるということでした。人数に限界があるということは、当然売上にも天井が出てきます。それに集客活動を止めてしまったら、次に新規募集をするとなると、新たに広告費がかかったり、制作物を作る費用がかかりとなかなか動きが取りづらくなる日々…そして当時の僕は残金は3万円になったのです。

時間が経っても状況は良くならず、とにかくすぐにお金になりそうな仕事を見つけては作業をして…と1日16時間以上働いていたにも関わらず、忙しいわりに自由とかけ離れていく毎日が過ぎていました。

それでも「もしかしたら…」という期待を込めて、自分のブログやFacebookの更新を続けていました。ですが、現実はアクセスも少ないし問い合わせも来ない…「WEBを使ったビジネスって簡単にうまくいくんじゃないの??」と安易に思っていた自分に気づき挫折。結果として、何も起きないので更新は途絶え、情報発信を半年以上していない時期もありました。

もうダメだ…と思い、自分一人ではできないことを素直に認めました。実にこの期間は8ヶ月間。長かった時間ですが、この自分の弱さを認めたことが、今では人生を好転させるきっかけだったと言えます。

なんとかして事業を安定化させるため、WEB集客を徹底的に学びたいと、以前から知っていた知る人ぞ知る方の顧問コンサルティングを受けたことをきっかけに、私のビジネスは一変していきます。大事なところでつまづきそうになりながらも背中を押していただき、引っ張り上げてもらえることの嬉しさを感じました。

これまで自己流でずっとやってきましたが、結果の出ている人から教わるということがどれだけ大事なことだったかを身に染みました。そして、自分自身も売上が立つようになると同時に、利益を出し続けている人や会社の特徴は、この3つに絞れると思いました。

それは、

  1. 「まずは単月でもいいからまとまった売上を作ること」
  2. 「稼いだ売上を再投資して集客の仕組みを作ること」
  3. 「継続した収入モデルも取り入れること」

です。

1.まずはまとまった売上を作ること

起業、副業でビジネスをして、自分らしく生きるためにビジネスをしたい!

そう思ってビジネスをスタートしたのに、立ち止まってしまっている人は数えきれないほどいます。

  • どうしたらお客さんは自分のサービスに振り向いてもらえるのか?
  • どうやってオンラインを使って、自分の商品、サービスを販売すれば良いのか?
  • いろんなビジネススクールや教材などで学んできたけど、なんかしっくり来ていない
  • 今やっている集客やセールス方法に違和感を感じている…
  • もっと自分に合った方法で集客やセールスをしていきたい
  • 売れればいいわけじゃなくて、楽しみながらビジネスをしたい!

このような悩みをもしかしたらあなたも抱えているのではないでしょうか?

実際に私もこの悩みから抜けられずに、2年以上苦しんでいました。

実はこの状況を抜け出せたのは、今でも深刻な問題になっている新型コロナウイルスが起きてからなのです。

私の知人で、自分の持っているスキルをオンライン教材化して、売上を200万作っていました。普通だったら、その200万をどう楽しもうか!と考えるかもしれませんが、その人は違っていました。その200万を使って、LPを作ったり動画広告を作ったりFacebookやYouTubeの広告を試したりと「再投資」して、3000万円を余裕で超える売上を叩き出していました。

このときに分かったんです。

まずは再投資できるための「種金」を作る必要がある。

仕組み化や自動化って言葉はいいけど、それを作るためには資金が入ります。

そのために、個人であればまずは100万円の売上を作り出すことが大事だと気づきました。

結果として私もその3ヶ月後には、いろんな人の協力を得ながら400万円の売上を作り、再投資できるお金を作りました。

この1つの方法は、ライブ配信を使った手法で、私だけではなく、クライアントさんのプロデュースとして使ったところ、5人中5人が売上100万円を超える実績を作ることができたのです。多い方では200万、430万と売上を出しています。

なので、まずはこのファーストステップとして売上100万をまずは作り、次のステージにいくための準備を作ることが大事だと伝えています。

2.売上を再投資して仕組みを作ること

種金となる売上を作ったあとは、先ほどお伝えしたように、再投資して売上をさらに上げていくための仕組みをつくる段階になります。

ただ、やみくもにホームページやLPを作れば売上が上がる、というわけではありません。

世の中を見渡すと、ホームページに100万円以上かけている人、広告費に毎月100万円以上使っている人はゴロゴロいます。しかし、実体として全然集客できていない人がほとんどなのです。

私が多くの経営者の方とお会いしてわかったことは、ホームページを作ることが悪いのではなく、ほとんどの方がウェブからの「集客の導線」ができていないことが原因だということです。

ホームページ、ブログ、Facebook、インスタグラム、twitter、メールマガジン、YouTube、LINE・・・私も様々なものに手を出しましたが、どれも中途半端になっていました。

おそらくあなたも、一つ一つは勉強しているかと思います。

ただ、私はこれらを点でみるのではなく、1本の線にしてお客様をスムーズに誘導できる「集客導線」を作ることが大事だと気づきました。1本の集客導線を作るとスムーズな流れができます。

実際に、私のクライアントさんも、当時は行き当たりばったりで案件を獲得していたり、たまたま問い合わせが入っていたりとまぐれが多く、どうして顧客が来るのかがわからない状態で、まさに木を見て森を見ずの状態だったのです。

集客を仕組み化することで、何が良くて何が悪いかが可視化できるようになりました。メールマガジンの登録、問い合わせの数、そこからの成約率。すべて数字化することができたら、どこがボトルネック(原因)になっているかが明らかになり、改善すべきところがわかるようになりました。

今までは何となくここがダメなのではないか?と感覚で修正をしていましたが、それではダメだと教えてもらったことで、ビジネスは感覚ではなく数字で見ることが大事だと覚えました。

また近年では、対面(リアル)でビジネスをしている方は、まさに今年の社会情勢のイレギュラーでダメージを受けている方も多いと思います。今までは直接会って商談したりセッションしたりすることが当たり前でしたが、今ではオンラインが当たり前になってきました。でも、ここで考えておく必要があるのは、対面で会えないから安易にオンライン化するとうまくいかないことがあります。そこで私が学んだことは以下のことです。

  • コロナでお客さんが来なくなった。だからオンライン化したサービスを作る。
  • コロナでお客さんが来れなくなって困っている。だからオンライン化したサービスを作る。

この2つは似てそうで、全然違います。

オンライン化することで、今まで出会えなかったお客様と出会えたり、サービスの展開の幅が広くなります。ただ、どういう視点を持ってオンラインサービスを作るのか、そして提供するのかで、結果は大きく変わります。

3.継続した収入モデルを作ること

次の段階としては、高額サービスに頼らなくても売上を安定させるための土台を作ることです。

せっかく販売するなら単価を高くして売りたい、というのはあなたも思っていることだと思います。私も大事だと思っています。ただ、「単発」で終わってしまう売上の作り方は、本当に勿体無いです。私自身ずっと売り切りのサービスばかりを提供していましたが、事業を安定させるには、固定収入となる収益基盤も必要だと考えるようになりました。

昨今ではサブスクリプションという言葉が流行り、今ではいろいろなところで「月額制」のサービスが出てきました。私もサブスクを学ぶためにコミュニティを作っていますが、社会的な評価を得る会社は、利益が大きく出ている会社ではなく、「継続的な」利益が出ている会社だとわかりました。これは、個人レベルのビジネスをしている人でも当てはまることです。

ドカンと大きな利益を生み出すものも必要ですが、コツコツ利益を継続的に生み出すものは、ビジネスをこれから10年、20年としようと思っている人なら、絶対にあった方がいいと思っています。

私はオンライン教材販売のプロデュースもしていますが、この時も「売って終わり」ではなく、「どうしたら利益を生み続ける仕組みが作れるか」を意識しています。

さらに、会員制コミュニティを作る講座も現在2期目を開講中で、ここで受講していただいている方には、「お客様とのつながり」をもっと大切に捉えていただき、マーケティング用語で言えばLTV(生涯顧客価値)を高める施策をもっと取ってもらうようにしています。ただ、コミュニティは会費といったお金の価値ではありません。繋がりというもっと深いところで捉えて行って欲しいと思っています。

このようにいろいろとビジネスを展開していますが、私が一番売上アップにもっとも効果が高いと思ったものがあります。

集客ノウハウ、セールス、クロージング技術・・・など色々とありますが、なんと言ってもビジネスの売上アップで欠かせないスキルといえば「コピーライティング」です。

コピーライティングとの出会い

自分のビジネスも少しずつ伸びていましたが、どうしても月収50〜80万円から抜けることができず悩んでいたところ、セールスコピーライティングというものに出会いました。コピーライティングという言葉は何となく知っていましたが、どういいのかという論理的な理由がわかっていなかったため、知人の初回でセミナーに参加することに。すると、そこで目から鱗が落ちるほどのインパクトがあったのです。

今では恥ずかしく思いますが、当時はコピーライティングをただ上手いこと文字を書く技術だと思っていました。しかし、実際は、徹底したお客様目線(顧客視点)ができないと売れるようにはならないということを目のあたりにして、徐々に「ことば」の力に魅了されていきました。

ホームページ、ブログ、ランディングページ(LP)、メールマガジン、LINE@、チラシ、パンフレット、名刺・・・すべてに共通することは、「言葉」です。どれだけデザインが良くても、そこに載っている「言葉」に魅力を感じないと、見ている人は素通りしてしまいます。恥ずかしいことに、印刷会社の営業マンとして12年も働いていたのに、コピーライティングのことよりもかっこいいデザインばかり気にしていました。もちろんデザインも大事ですが、「言葉」を味方につけたら、どんなに優秀な営業マンが100人いても、顧客に響く1つの文章をWEBに載せて発信した方が、売上は2倍3倍、いや100倍以上に跳ね上がる可能性を秘めています。

ビジネスは「計算できて仕組み化できるもの」であるべき

継続した売上を作っている人は、絶対に何となくでビジネスをしていません。何がどうなったらこの金額が売り上がる、と数字で予想が立てられる状態です。

私は、今月どれだけ売上が立つかの予想が立てることができなかったので、どれだけ無謀な行き当たりばったりで仕事をしていたかを思い知らされました。会社で働いていた時は3ヶ月、6ヶ月、1年、3年と事業計画を立てていたにも関わらず、自分のビジネスになると管理する人がいないので、何となくでやってしまっていました。

数値化できないもの、計算できないもの、見通しが立てられないもの、仕組み化できないものは、ビジネスとは言えない、という先輩経営者の方からの言葉で、目が覚めました。

ビジネスは2つのフェーズで分けられる

私は、ビジネスで成果を出しつづけるためには、2つのステップがあると思っています。

第1ステップ:まずは実績を出す

ビジネスをしているのであれば、まずは実績を積むこと。コンサルタントであれば、クライアントに成果を出させる。この段階では効率化なんて考えずに、自分の時間を切り売りしてでも頑張りまくる。うまくいくことよりも失敗することもあると思います。ビジネスは成功しているときよりも、失敗した数だけ成長します。

いろいろな経験を積み、お金も時間も自己投資を惜しまない。そして、もう限界!というところまでやりきれば、必然的に効率化せざるを得ません。

販売手法もいろいろとありますが、まずはできる限り高単価なサービスを販売し、数は少なくても良いので成果を出すことにフォーカスします。

第2フェーズ:自分の労力をかけずに売上を作れる仕組みを作る

自分の力、時間だけではもう限界、、、というところに来たら、徐々に自分の労力の切り売りではなく、人に任せたり、持っているスキルやノウハウを商品パッケージ化して、脱・労働収入を心がけていきます。この段階になると、人に任せるより自分でやった方がスピードも速いし、クオリティも高くなります。しかし、自分でやらない、ということを無理にでも誓うことです。

自分が動かなくても売上が作れるためにはどうすればいいか?を考えてみましょう。わたしが推奨するのは、オンライン教材販売と月額会員制モデルです。

ビジネスは短期的なものではなく、長期的に計算できるものを作る必要があります。私のコンサルティングではクライアントによく話しているのですが、最初から継続収入が見込めるビジネスモデルをつくることを前提にしています。

ビジネスをすると覚悟を決めているのであれば、年商1000万円では足りません。税金のことを考えると、最低でも3000万円は必要です。

あなたのビジネスを飛躍させるには、いきなりフェーズ2に行くことは難しいです。まずは努力を重ねてフェーズ1をクリアし、最短でフェーズ2へシフトしていきましょう。ここで初めてレバレッジが効くビジネスを目指すことができるようになります。

想いを未来へ繋ぐ

こういうことをやりたい!もっと世の中に届けたい!という想いがあるのではれば、絶対に諦めずに前に進んでほしいと思います。

ホームページやSNSをやってはいるけど活用できていない、という方は正直9割以上だと思います。どこまでいけば成功しているかは人によって様々ですが、伝えたい人に伝わっているか、オンラインを使うのであれば、WEB上であなたの存在に気づいてもらっているかは非常に重要です。

事業をうまく回していくのも重要ですが、必要な人に必要な情報を届ける、身近な人の悩みに寄り添う、ということこそ、私が仕事をやっている考え方の源になっています。

起業する前から、個人起業家の方や会社の創設者の方とたくさんお会いし、お話させていただきました。世の中、やりたい!と思っているものを持っている人は、本当にに目を輝かせながら、夢を語ってくれます。

「こういう大人になりたい」。今年37歳になる私ですが、いつも素敵な方に囲まれて、何か自分が役に立てることがないかと考えています。

働き盛りの30代!今、私ができることは、WEBを活用したサポートです。

起業当時、わずか30万程度の貯蓄しかなく、良いアイデアがあるにも関わらずプロモーションができずに、目の前のチャンスを諦めていました。

ですが、応援してくださる先輩へ、私の方から提案をしたことがあります。

「成果を出すので、資金面でも支援していただけませんか?!」

「利益配分はお任せします!」

「とにかく動いて、僕を必要としている人の役に立ちたい!」

WEB集客を仕組み化させ、広告運用からセールスまで一通り行うのに実に最低200万はかかります。先輩経営者には、このハンデと言える状況だけれど、

「そんなにやってみたいなら、応援しますよ」

といって、プロモーションの流れをわずか1ヶ月で完成させ、そこから140万円以上の売上を作ることができました。

その後、事業の方向性も進化させていき、今では法人案件も多数いただくようになったり、億を超える講座のサポートをさせていただいたりと、東京、福岡の2拠点で事業を行うほどに成長しています。

実は私が今行なっているプロモーション事業は、完全成果報酬型で行なっています。

これは私自身が動きたくても動けないという状況で、絶対になんとかする!という思いで事業の立ち上げを行なったからこそ、私もこれから頑張っていきたいという方の少しでも役に立てればと思ってやっていることです(採用には審査があります)。

また、アドバイスだけを行うコンサルティングをするのであれば、私にとっては楽かもしれません。ですが、入口から出口まで一緒にプロジェクトとして関わって、お互いにWin=Winを作るのであれば、成果報酬が一番フェアではないかと思っています。といっても、手前味噌ではありますが実力がなければこの提案はできません。 そのために、今でも常に学び続け、失敗と成功を繰り返しながら経験を積んでいます。私としては、いまのコンサル業界に一石を投じたいという思いがあります。

伝えたい想いがある!事業を大きくする義務が自分にはある!もっと良いものを世の中に届けたい!と思っている経営者さんは、ぜひ一緒にお仕事ができるといいなと思います。

ビジネスは面白い!そしてマーケティングを楽しもう!

「おしゃれなマーケティングをしよう!」

これは私が尊敬する経営者の方からよく聞く言葉の一つです。

事業をどうこうする、というのは頭の中の構想だけでは説明できないものがたくさんあります。

どうせやるんだったら、売上だけじゃなくて、過程も楽しく取り組みたいと思いませんか?!

「あ、こんな方法OKなの?!」

「今度はお客さんにどんな風に驚いてもらおうか!」

とまるで理科の実験をしているような感覚でマーケティングを楽しんでいる人は、他にいないのではないかと思います。

マーケティングは芸術と一緒、という言葉も好きで、決められたことをそのままやっていくだけではなく、新しい切り口で試してみて、「あ、こんな道あったんだ」というか、これまで呪縛になっていた当たり前の常識から解放され、自由にビジネスを楽しんでいきたい!と思っています。

私たち起業家は、いつになっても不安と一緒にいます。ビジネスが今は順調にいっていても、突然うまくいかなくなったり、夢にまで仕事のことが出てきて不安な気持ちにかられたり、寝て起きても不安で心臓がバクバクしたり…。でもそれが普通です。不安を感じるからこそ、人に対して繊細になれるし、気持ちを察しれるようになります。それに打ち勝つために私がいます。

私自身が一番実践して、テストをして検証をして、「ほら、こんな方法でやってみません?!」とワクワクしながら事業展開できることを楽しみにしています。

同じビジネスの経営者の一人として、マーケティングを楽しく実践しながら事業を大きくしていきましょう!