こんにちは、アクロス福岡を拠点として、Webマーケティング、コンサルティングを行っているYOUSEED株式会社の田原靖識です。

今週は第22回マーチャントクラブ福岡支部の定例会を開催!もうすぐ2周年ということで感慨深いです。そのほか、福岡のコミュニティ主催者さんと打ち合わせをしたり、別コミュニティの勉強会にも参加して、インプットもアウトプットも非常に大きな収穫がありました。今回は2つに絞って情報共有します。

第22回マーチャントクラブ福岡支部定例会

今月は事務局長のゆかさんに登壇いただきまして、「ワードプレスの魅力と効果的な活用事例」というテーマでお届けしました。

ゆかさんはブログ経由で毎月100リストを獲得しているリストマーケッターでもあり、ワードプレスと聞くと「うっ、、難しそう、、」と拒否反応が起きてしまいそうに方にもわかりやすく教えてくれるコンサルタントでもあります。

ワードプレスってなんとなく知っているけど、具体的に何ができるの?ということから昨今の最新情報まで情報共有してもらったことで、僕自身もブログ、ワードプレスの知識をアップグレードさせることができました。

WEBだけではないですが、応用は基礎があるからこそ成り立つものです。ですので、福岡支部でテーマとしている「WEBマーケティングの基礎固め」はやはりこの、6波となっている今のコロナ禍にさらに必要になっている印象があります。初めてコロナが起きた時は、「どうすればいいんだろう、、」「オンラインもやらなくちゃいけない」となっていたけど、今はそういう人たちも多少なりとも知識はついてきました。

ですが、なんとなくの知識だと業者に依頼するにしても「なんか凄そう」と思って高額を払って作ってもらったのにいまいちだった、、ということも多くなってきているのが「今」だと思います。カモにされないようにするためにも、これからが一番WEBマーケティングの基礎を学んでいく必要があるなと感じています(第22回マーチャントクラブ福岡支部の定例会の活動レポートはこちらに掲載しています)。

個と個が繋がる時代からの「新しい変化」

会社で働くのが普通、と言われていた時代から、フリーランスという言葉が一般的となり、会社(組織)に属さずに個人個人と個人(会社)が繋がって仕事が作り出せる時代になりました。

今回、同じ福岡で活動している経営者さんと打ち合わせをする機会がありまして、ざっくり言いますと私の主催しているマーチャントクラブ福岡支部と協業できないか、という提案をいただきました。

ここで私が思ったのは、個人と個人だとスキルが1:1で合わさって「2」になるところを、コミュニティ同士で繋がることで、例えば10人ずついたなら「10+10=20」になるし、もっと効果が出せたら「10×10=100」にすることもできるとイメージがつきました。

つまり、個人と個人が繋がるよりも、もっと大きな歯車を回して、より遠くまでいきたいなら、コミュニティ同士のJVや繋がりを作ると社会も変えられる流れやうねりを作り出せるのではないかと肌で感じました。

それに、コミュニティを主催している者同士、運営している想いがお互いにあります。なので、この想いの方向性が同じなのであれば、組むことでより互いのコミュニティで良い効果が発揮するのではないかと、38歳の僕はワクワクしております!

どういう形態で組むかなどはこれからですが、「個」の時代から「コミュニティ」の時代に変革している流れを実感しています。なので、このページを読んでいただいている方も、個と個でできることも沢山ありますが、こういうことをしたい!というものがあるのであれば、コミュニティ同士など大きな歯車を動かしていけないか!?と考えて活動すると、より早く目標達成するのではないでしょうか?

マーチャントクラブでは本部のほか支部が6つあります。併せて7つあるわけなので、この7つの歯車を噛み合わせて回すともっと面白いことができるかも!?実際に2月26日に名古屋支部の定例会に参加したのですが、ここはWEB畑の人が少なく、実業(店舗ビジネス)の方が多く、僕はそこで話を聞いたことで、お互いに組むことで仕事を生み出せるイメージがつきました。

どうしたら歯車を回していけるか。今回はこういうテーマで動画も録りました。続きはこちらをご覧ください。

個と個が繋がる時代からの「新しい変化」【第59回ウィークリーたはら】

(音声で聴く)