【活動レポート】WEBプランナー養成講座 第1回スキルアップセミナーを開催しました!

◆開催日時:2023年7月29日(土)10:00〜12:00

◆場所:zoomオンライン

◆テーマ:案件獲得セミナー〜売れる提案書の創り方〜

今期で3期目となるWEBプランナー養成講座は、ビジネスのプロモーションを一気通貫で提案していける力をを3ヶ月かけて育成するプログラムです。

今期のWEBプランナー養成講座の最大の特徴は、講師である私だけでなく、1期より参加しているメンバーをオブザーバーとして入っていただいていることで、より手厚いサポート体制が整っています。

本記事では、本講義の補足として開催している第1回スキルアップセミナーの様子をお届けいたします。

学んだだけではお金にならない

いきなりですが、ビジネスで使えるスキルやノウハウ、テクニックを学んだだけではマネタイズできません。

結果として大事なのは、それをどう使いこなすか。

じゃあ、具体的に「どう使えばいいか?」という話なのですが、そのスキルを活用した商品サービスを作ればいい!と思いがちだけど、それもまた違います。

ズバリ言うと、、、、「お客さんに提案する力」が最も大事です!

私も起業塾やビジネス塾に行って学んできていますが、多くの人はそれを頑張って自分のSNSで発信したり、こうじゃないかああじゃないかと自分のサービスを作ったりすることに必死になる。

そもそも、サービスを売る順番が違う

大半の人が、商品サービスを売る時、その内容を先に決めます。講座であれば、どういうカリキュラムにしようか、考えますよね?!

でも、実際は、必ずしもあなたが創ったサービスが、そのままお客さんの需要にドンピシャかと言われたら、あまりないのではないかと思うのです。

なので、WEBプランナー養成講座では、ビジネス設計図の創り方をお伝えしていますが、1つのパターンだけ教えるようなことはしていません!

もちろん王道の鉄板パターンは第2回講義の中で伝えていきますが、そもそも、他の起業塾やビジネス塾では「講師がうまく行った方法」だけを伝えている事が多い。なので、私の経験として言えることは、ある程度自分でビジネスが創れるようになってきたら、それだけでは仕事の幅は広がらないと考えています。

これらを踏まえて、WEBプランナー養成講座では、「提案する」ということを主軸において案件を獲得していく方式をとっています。

  • 商品サービスを創って、見込み客を見つけて売っていくか
  • お客さんと対話して、商品サービスを創って(カスタマイズして)売っていくか

似ているようだけど、全然違いますよね?!

案件獲得に大事なのは、この3点!

私が思うに、特にまとまった金額で案件を獲得していくためには、この3つが大事だと思っています。

01.ヒアリング力

まずは、自分の商品サービスがどうしたら売れるか、を考えるのではなくて、相手がどんな事を求めているのか、悩んでいるのかを把握することからスタートします。

マーケティング用語で言えば、プロダクトアウトなのかマーケットインなのかですね!

ここでは、とにかく相手の話を聞くことで、相手が本当に望んでいる事を探っていきます。

02.プランニング力

ヒアリングした内容をもとに、その方に向けてどのような提案が良いかをプランニングしていきます。

多くの人が、ヒアリングしたらすぐにオファーする事が多いですが、特に初対面の方を対象とする際は、オファーのタイミングはワンテンポ置くと良いです。例えば、ヒアリングしてから1週間後に提案する、といった具合です。すぐに「それ、できます!」というのは、私としては軽く見えてしまうので、しっかりと考えている姿勢を取ります。

03.提案力

その方に合わせて提案するために、私はわかりやすく提案書を創っています。提案書というと難しい印象があるかもしれませんが、A4一枚くらいの提案書でもいいわけです。

そして、ただお客さんがいったことを提案するだけでなく、話をさらに先読みして「本当は何をするともっと良いだろうか?」を考えた提案を創ることが大事になります。

「そこまで考えてくれたんだ!」という感動を与えるオファーを創っていきたいですね!

あとは、おまけとしてお伝えすると、ヒアリングする時に私は、「お客さんの話を鵜呑みにしない」ということを大事にしています。

このことについては別のブログで書いていますので、よければご覧ください^^

「売る」のではなく「提案」しよう!

集まらない、売れない、、と悩んでいる人は非常に多いですが、なぜかと言うと、そういう人はベクトルが「自分」に向いています。

「どうしたら売れるんだろう?!」

と売り手であれば考えることですが、その一方で買い手目線をいかに考える事ができるか。

例えば、

「どうしたらお客さんは買いやすいか(申し込みやすいか)」

を考える事ができると、お客さんがいかに安心してお金を振り込めるか、といったようにベクトルを「相手」に向ける事です

そう、お客さんの立場になって、このことを考えてみてください。

お金を出すことに躊躇する理由は何なのか?

例えば、私が思いついた事で言えば、

  • その人は本当に実績ある人なの?
  • まだそんなに知らない人に高額を払っても本当に信頼していいの?
  • もし今提案してくれた事がうまくいかなかったら、ちゃんとフォローアップしてくれる?
  • レスポンスは早いかな??
  • ちょっとした事も相談してもいいのかな?面倒臭いヤツと思われない??

など、こういう事が思い浮かびました。

と、言うことは?!?!

れらをカバーするような提案をすればいいわけです!

このようなことを、私自身が使っている提案書のテンプレートやヒアリングの仕方も含めて、今回のスキルアップセミナーでは受講生の皆さんにお伝えしました^^

この案件獲得セミナーで伝えている「提案書のテンプレート」はかなり強力なので、希望者がいればコレをコンテンツ化して、オファーすることに躊躇しやすい方の手に渡れば、もっと光が当たるんじゃないかなと思っています!

これはまた追々お伝えしていきますので、興味ある方は下のボタンから無料メルマガに登録しておいてください^^

それでは、今回の活動レポートは以上です!

BE NICE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。