コンサルをする中で大事にしていること

こんにちは、WEBプランナーの田原です!

プロデュースやコンサルをメインに事業を行っているので、クライアントさんのマーケティング戦略を考える事がよくあります。

実績を出してなんぼの世界なのですが、結果を出していくにあたって僕が大事にしている事を考えてみたところ、特に5つのことを考えなたらコンサルをしているなと思ったので、今回はそれを共有したいと思います。

1.お客さんが言うことは信じない

コンサルをしているので、集客の悩みやビジネスモデルについての相談を受ける事が多々あるのですが、その時にお客さんが話してくる相談事を、僕はそのまま信じていません

信じていないと言いますか、お客さんが言うことは嘘が多い、と言うのが正しいかもしれません!(キッパリ!)

もっと丁寧に言うなら、お客さん本人も「本当の課題」に気づいていない事が多いので、表面的な事しか言語化できていないんですよね。

例えば、「集客が苦手なんです」「SNSをやっても集客がうまくいかないんです」という相談事があったとき。

この時、僕は【集客】という事が課題なのではない、とまず考えます。

そこで、2つ目の大事な点。

2.「そもそも…」と考える癖をつける

お客さんが言うことは嘘が多い(表面的なことである)と言うことを念頭におくと、「そもそも何が課題なのか?」を考える必要が出てきます。

この「集客」を課題に挙げたとしたならば、お客さんのそもそもの課題はおそらくコレ↓

  • そもそも、人が集まる商品(オファー)になっていない(商品力が弱い)
  • 人が集まりやすいネーミング、キャッチコピーになっていない

だから、僕は問題が起きたり、悩んだりしているとき、お客さんが話してくる事ではなく、そもそもの目的目標を見直し、一つ二つ前の工程まで戻って、現状を疑ってみることにしているんです

大体、集客に悩んでるときは、「これ申し込まないなんてありえない!!」というオファーになっていない事がほとんどなんですよ!!

なので、そう言う時は「こんな事までしてくれて、この価格とか(無料でも有料でも)ありえないっ!!」という状態まで商品力を上げる。

そうすると、ターゲットの人にグサッと刺さって、集客できるようになる事が多いです。

あとは、商品力ではない場合は、ターゲットがいないところに釣りの竿を投げているかもしれません。

例えて言うなら、魚釣りにいったとして、ターゲットとなる魚がそもそもいない、となると釣れるはずがありませんよね!?

なので、こう言うことも考えておく必要があります。(これがマーケティングでいうリサーチですね!)

3.仮説検証の癖をつける

がむしゃらに集客をするのではなく、上記のようにターゲットに刺さるだろう商品を作るのも、ネーミングを作るのも、リサーチしてから「仮説」を立てていく事が大事です。

「もしかしたら、ターゲットの人は、これに興味あるんじゃない?!」

「Aという言い方よりも、Bって言う方が響くんじゃないか?!」

「そもそもオファーってこれが最高かな?!多分こっちの方が当たるかも?!!」

と言う感じで、自分で仮説を立てて、まずはやってみるという検証グセをつけることですね!

ほとんどの人は、やって失敗するのが怖くて、最終的にやらずにスルーしている事が多いので、「まずやってみる」

でもただやるんじゃなくて、「仮説を立てて→検証する→改善案を出してみる→仮説を立てて→検証する→・・・」という流れが、本来の正しいマーケティングですね!

今の時代、いろいろな起業塾やビジネス講座があるので、そこに行けばある程度の正攻法を教えてくれます。

でも、「正解を教えてもらうこと」を当たり前にすると、その講師の人や起業塾やビジネス講座に行き続けないと、しかも高額講座を受け続けないと結果が出せなくなるんですよね…

ここ近年で、ビジネス塾を卒業して、また別のビジネス塾にいって、そして卒業してまた別のビジネス塾に行く、、、というループを繰り返していたとしたら、

それは、キツい言い方をすると「自分で仮説検証できていない」という証拠なので、これを機に仮説検証グセをつけていくといいですね!

そして、仮説検証グセがついている人って、そもそもこんな風に考えている人が多いのです。

4.今より、もっと良くなるアイデアがあるはずだ!

これは、僕も陥ってしまっていた事なのですが、学んだ事を実践して、それがうまくいったら、そのテンプレート通りにしかコンサルできなくなるんですよね…

学んだことのテンプレに当てはめることも大事だけど、必ずしも全員が全部、カチッとハマるとは限らないのが事実です。

例えば、情報発信といったらメルマガかLINEどっちがいい?と聞かれたら、あなたならなんと答えますか?!

メルマガを推している人はメルマガというし、LINEで結果を出している人はLINEと言うはず…

でも、「本当にあなたのその考えが正しいんだろうか??」。

もし、「こうするのが正しい!!」という考えがあるのであれば、それも正しいかもしれないけど、自分が学んだことのある方法だけを正しいと思っていると、それ自体が固定概念になっている可能性があります。

だから、そんな時には、「別の方法もあるかもしれない」とか「お客さんのいうその方法も試してみる価値あるかもな」って柔軟に受け入れる事ができるようになると、現状考えていることよりも、もっとはるかに良くなるアイデアが生まれてきますよ!

そして!コンサルやプロデュースをしていて、僕が一番大事にしていうことはコレ!

5.ビジネス提供している側(売り手側)自身が楽しんでいるか!

やっぱり、笑顔で楽しそうな人のところに、人もお金も情報も入ってくる!というのは、いつの時代も変わらないのかもしれませんね!

ビジネスやお金って、極論言うとエネルギーの交換なので、どれだけ自分たちが楽しくやっているか!がすごく重要で、大事にしている事です。

真剣にやるけど深刻になるな!という言葉を聞いたことがあって、ほんとその通りだと思っています。

僕が尊敬してやまない先輩経営者さんたちは、とにかく楽しそうなんですよね!

お金儲けすることも楽しいと思っていると、やっぱりお金にも好かれます^^

そして、買い手であるお客さんも、売り手である本人も楽しくて仕方がない!!という状態でビジネスをしていると、次元が変わりますよ!!

と、僕がコンサル中に大事にしていることは、以上5つになります^^

コンサルやプロデュース、その他のサービスも全部含め、僕が提供していることを通じて、出会った人たちがより良い人生になるように、そしていつも笑顔で、毎日やりがいを持ってイキイキと働く大人が増えたらいいなと思います。

その結果として、子どもたちにも良い影響が与えられるんじゃないかなって。

ワクワク楽しそうに、そして結果を出し続けている親の姿を子供が見ることで、

7ヶ月の息子

僕も早くパパみたいにお仕事したい!!

っていってもらえると、これほど嬉しいものはないなって思います^^

もちろん仕事で大事にしていることは、もっとたくさんありますが、今回はコンサルをしている時に大事にしている視点として、ピックアップしてみました!

あなたが仕事をしている中で大事にしていることも、よければ共有してくれると嬉しいなって思います。

では!

BE NICE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。