福岡の西鉄天神駅の電工掲示板に

エヴァを使った広告がありました!

Yahoo! ニュースやツイッターでも話題になっているとのことで、

面白いこと考えるなーと。

事業をしている人なら、

うんうん、と頷いちゃうことだと思うのですが

「どうしたら自分のことを知ってもらえるのか?」

「どうしたら気づいたもらえるのか?」

「1回話ができれば、良さがわかるのに…」

「1回使ってもらえば、自身があるのに…」

と思うことないですか??

Facebookやインスタ、ツイッター、メルマガ、LINE、ブログ、note、アメブロ・・・

と色々あって、まずは

「目に留めてもらうこと」

が大事になってくるんですよね。

で!!

コピーライテイング講座で学んだことなのですが、

経営者の仕事は

【漁場探し】

です。

魚に例えるのもあれだけど、

でも本当に、

「どこにお客さんがいるのか?」

「どうやったら振り向いてもらえるのか?」

を考えるのが仕事なんですよね。

なので、

今回のエヴァの件も

「どうしたら多くの人に

 緊急事態宣言を告知できるだろうか」

を考えて、

通学、通勤で人通りが多いところに広告を出した

ということですね!

これは緊急事態宣言の発信だけど、

僕たちだと、

「どこに」広告を出せばいいんだろう?

そして、その次に

「どんな」広告だと振り向いてくれるんだろう?

と考えることが大事になってきます。

お客さんになって欲しい人がいないところに

釣り糸を垂らしても、

理想とするお魚さんがいないと釣れないし、

理想としてないお魚さんを釣っちゃうことになる。

経営者の仕事は

【漁場探し】

エヴァの広告をみて

改めて気づいたことでした!

外に出るときは、そんな視点で物事を見ると

面白いかもしれませんね!

例えば、こういう階段もデッドスペースに見えて

実は広告に一番適しているってこともあり得ます。

(福岡天神駅の階段)
(前に見てことのある、階段に載せている広告。ここなら、通勤通学だけでなく、街ゆく人が全員否応がなくとも見る!!)

ちょっと視点を変えて街中を歩くと、いろんな気づきがありますよ!