その分野で一流(プロ)になるまでに必要な時間とは?

おはようございます、田原です!

昨日から東京・府中に来ております。

目的は、僕が大尊敬する古山先生が主催の

「セールスコピーライティング講座」

2DAY合宿のためです。

今回はサポートとして来ておりますが、

自分が一番学んでいますよ、マジで。

クライアントさんにも

情報バックできること盛りだくさんなので

これからが楽しみです!

昨日は大東先生、吉川先生の講義でございました!

朝11時から18時までみっちり学び、

懇親会が終わった23時以降も各自部屋や先生たちの部屋に集合し、

各自宿題となっているLPを

「先生方からOKを今日中にもらおう!」

と夜遅くまでコピーに向き合っている方が多数!!

ここまで集中して取り組むことができるのは、

「合宿」という缶詰になれる環境があるからこそですね!

みなさんは1万時間という法則をご存知ですか??

人がその分野を極める、プロと言われるようになるまで、

1万時間必要だと言われています。

でも、「20時間の法則」というのもあると教わりました。

全体で一流になるには1万時間必要だけど、

ある分野だけ、

例えば

「チラシの書き方」

「LPの書き方」

「ブログの書き方」

など、細分化して、集中して20時間取り組めば、

ある程度のことはできるようになるという理論。

人はだいたい1時間、2時間くらいしか続けてやらないので、

集中して、続けて20時間

つまり2日間合宿で詰め込んで取り組むっているのは

かなり有効な方法なんですね!

僕自身、まだまだ学ぶことがたくさんあります。

ふと、講義中にこんなことを考えました。

もし、僕があと3年で死ぬとしたら、

どんな人に、どんなことを届けいのか。

そのために、何に時間を使うかな。

病んでるわけじゃないよ!

もし本当にそうだとしたら、

この時間も有効に使いたいなと思うし、

仕事も選ぶし、お客様でさえも選ぶんじゃないかなと思うんですよ。

もし、人の役に立ちたい、

そのために今目指しているこれを極めたい!

ということがあるなら、

1万時間を目指すんじゃなくて、

まずは20時間集中して1つの分野を極めてみる

これを意識してみると、

今のビジネスや人生もうまく回ってくる気がします。

よければ参考にしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。