バタバタしてる日こそ「ワン・シング!」

こんにちは、WEBプランナー田原です!

写真は先日地元に帰った時、途中の古賀インターで食べた佐世保バーガー!!

調子乗ってダブルバーガーを食べたら、えらいお腹いっぱいになりましたww

(特にポテトの塩が凄かった笑)

さてさて、今日は、明日から一泊二日で東京出張に行くので、それまでにやっておきたいプロモーションの準備を2件したり、zoomコンサルをこれまた3件実施したりとバタバタな一日でした💦

何も考えていないと、マジであっという間に1日が終わるので、今日はこれだけやる!と決めてとりかかりました。

週末は地元行橋の夏祭り「こすもっぺ」が開催されていたので、お盆にお墓参りできていなかったし、8ヶ月の子どもにも花火を見せたい!と思い帰省してたんです。

ちなみに「こすもっぺ」という、いなかっぺみたいな名称は、実はそのまんまの意味だったことが今回発覚!笑

行橋の花である「コスモス」と「いなかっぺ」を合わせたものが、「こすもっぺ」だった。。😆

(もっとかっこいい名前や意味付けにしてほしかったぜ😆笑)

ちなみに、いずみ(うちの子の名前)は、初花火だったから、ギャン泣きしないか心配してたんですが、、、

スンとしてジーーーっと打ち上がる花火を観ていましたよっ!笑

ほんと一度もビビらず泣かなかったのが衝撃的でした!!

僕の方が疲れているのが、もう見ただけでわかるwww

行橋の花火大会は、川のすぐそばで打ち上げるので、近くで観ることができてほんと迫力あるんですよっ!!🎇

そして、今回初めて20時以降起きていたから、すぐ寝るかと思いきや、、帰ってうちのじぃじにお風呂を入れてもらったら、ギャン泣き!!😭😭

しかもその後の寝かしつけも無理で、疲れてバタンキューで寝るかと思ったら、全然寝付かず😭😭😭😭

最終手段のミルク🍼を飲ませて、やっと寝させることに成功しましたっ(´д` 😉

はーーー、やっぱり環境が変わるとリズムが狂うので、時間帯だけでも合わせておきたいものですね💦

(部屋の散らかり具合はご了承くださいmm笑)

また、僕としては久しぶりの帰省で、顔見せる事ができてよかったけど、

妻にとっては、義理の父母に会うのってかなり気を使っていたと思うので疲れていただろうなと…(ありがとよーーー😭)

なので、今日は朝少し遅くまで寝て欲しかったので、10時過ぎまで子どもの面倒をみて、それからオフィスに直行!!

11時から18時半までノンストップで、zoomコンサルやプロモーション準備のためのライティング、明日控えているプロモ撮影の読み合わせなどを行い、

「や、やばい、お風呂に入れる時間に帰りたい、、」

とzoomが終わった瞬間に、妻からピョロんと

「大丈夫?」

とLINEが入り、即コンセントを抜いて、電車やバスではなく、タクシーに乗り込んで帰りました笑

あーーー、バタバタしたけど、でもやるべきことがやれたのは、今日の一つの収穫です!

特に、今日の気づきとしては、改めて!!

やらなきゃいけないことは沢山あるけど、今日最低限ここは絶対にやり切る!と決めて、やる時はそのことだけに集中してやり切る。

これが、短時間でかつパフォーマンスの良いものをアウトプットできるポイントだなと改めて実感しました。

バタバタとしてるけど、前に進んでいる気がしない、、という人って多いと思うんですよね、

そういう時は、僕もそんな時に先輩経営者さんから教えてもらったこの本がおすすめです!

ワン・シング。

力を分散させずに、とにかくまずは目の前の一点に集中する。

こんな感じでマルチタスクをすると全然前に進まないけど、1点集中だとぐんっと前に進めるんです。

わかっちゃいるけど、マルチタスクをこなせる自分がいいな(その方がカッコいい!)と思っていたけど、

同時進行でタスクをこなそうとすると、どれも中途半端になる、、、

という事がわかったので、バタバタしてるなっていう時はこれを意識するようにしています。

同じようにバタバタして前に進んでるようで進んでいないときは、この本のワン・シングを参考にするといいですよ!

それでは!今日はこの辺で!

僕の気づきが何か皆さんのきっかけになればと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。