◆日時 2021年1月20日(水)22:00~23:00

場所 オンライン

東京のたなゆかさん主催である女性ビジネスコミュニティ「InfinitYクラブ(インフィニティクラブ)」にてセミナー登壇してきました。

こちらのコミュニティでは、副業や起業準備で頑張っている素敵な女性の方が集まっていて、コンセプトが「ひとりぼっちにしない女性のための起業コミュニティ」という点に僕は心打たれました。

一般的にあるビジネス塾やスクールは、どうしても講師と受講生という一方通行が多く、素晴らしいことは学ぶけれど、あとはやってくださいね、というところが非常に多い印象があります。

僕も以前、所属していたビジネススクールで、受講生さんが懇親会のときに

「パソコン操作できないから、学んでもカタチにできない」

講師の人に言うのもなんだか悪い気がする…」

という、初心者だとなかなか言えない悩みを抱えている方が多かったです。

頑張りたいのにできない!という状態をなくし、

「寄り添ってビジネスを応援する環境」

というのは、本当に今の時代、求められているなと思います。

今回の講座では、「反応の取れる!コピーライティング」をメインに話をしていきました。

冒頭では、本題のコピーライティングの話の前に、コンテンツビジネスについても僕なりの意見をズバッと言及!

その前に、コンテンツビジネスを知らない方のために簡単に説明すると、「情報」という形のないものを売るビジネスのことです。

このコンテンツビジネスをやろうと思っている方が多かったので、

  • コンテンツビジネスに向いている人、向いていない人
  • うまくいく人、行かない人
  • コンテンツビジネスっていつスタートすればいいの??

このようなことについてお伝えしました。

シンプルに伝えると、僕は

  • 売れればいいと思っている人
  • コンテンツを売れば楽できるんでしょ

という前提で取り組む人は、失敗すると思っています。

なぜなら、買う側も馬鹿じゃないから。

「あ、この人売れればいいと思ってるな」

「こっちのこと、なんも考えてないな」

っていうのって、私たちが買い手だとしても、伝わるじゃないですか。

でも、売り手になると、買い手の気持ちを度外視しちゃう、、っていうケースって結構あります。。

なので、

・過去、自分が苦しんだから、同じような失敗をしてほしくない!
 
・私と同じ二の舞をしないでいいように、これを作ったよ!これを使ってね!! 

と思ってコンテンツを売る人こそ、

コンテンツビジネスでうまくいく人の特徴だと断言します。

こういう前提があるからこそ、

・マーケティング

・コピーライティング

というテクニックが生きてくる。

僕はぶっちゃけ、コピーライティングって、物事を大袈裟に書いて、お客さんを振り向かせるものだと思っていた時期があります。

Facebook広告やGoogle広告、Yahoo! 広告を見ても、

どれも「ツリ」と言われるようなキャッチコピーって多いじゃないですか。

だから、起業したての人や、ビジネスをやっていこう!っていう人も

真似して誇大表現しちゃう。

これは本当に間違ってる。

僕は、コピーライティング普及協会の古山さんから学んだことで、この意識が大きく変わりました。

コピーライティングとは「100の価値を100で伝えるもの」

それを200とか300とかで言ったら嘘になる。

だけど、ほとんどの人が、自分の価値を、20とか、下手したら10しか伝えられていない。

もったいない人が多い。だからこそ、コピーライティングを教えている。

その思いに共感しました。

いろんな広告やネットの情報を見ると

「あぁ、またこういうやつね。」

という俗物的な表現が多すぎます。

無理に自分を見せなくていいんですよね。

猫ちゃんなのに、俺はライオンだよ!!!(ガオーーっ!)

って言っても、

ふとした時にバレちゃう。

そんなことをしなくても、ぜったいにあなたの良さ、価値ってあるはずだから、

そこにフォーカスしてビジネスをやれば、

何かしら結果は出せます。

・これからビジネスをしていきたい!!

・もっとビジネスのステージをあげていきたい!!

という人には、

「ああ、この人も他の人と同じようなことやってんな」

と思われてほしくないです。

だから、

僕のクライアントさんとなる人には、

ただWEBの集客やセールス手法を教えるんじゃなくて、

なんでそれをしたいのか?」

といった目的のヒアリングから掘り下げてコンサルやプロデュースをしています。

これがあってこそ、

マーケティングやコピーライティングというスキルが際立ちます。

これからはさらに女性の活躍が目立ってくる時代になります。

必ず「あなたらしさ」ってあるので、

その「あなたらしさ」に共感して、支持してくださる人を応援する。

それが、これからの生き方かもしれません。

女性の力はすごいです!

僕も負けてられないので、もっと力になっていけるよう精進します^^