Gmailで迷惑メール判定された時の対処法(SPFレコード設定)

独自メールアドレスなのに、迷惑メールボックスに!?泣

という情報を防ぐための方法です(エックスサーバーでの対応手順です)。

動画解説

対応手順

SPF設定をして、Gmailの迷惑メール判定を対応します。

SPFレコードの設定とは

=Gmailに正しいメールアドレスだと認証してもらおう!というものです。

SPFとは・・・メールの送信元のドメインが偽装されていないかをチェックするための仕組みです。

図解説

エックスサーバー>インフォパネル>DNSレコード設定>対象のドメインを選択>DNSレコード追加

という順に行なっていきます。

(※)v=spf1 +ip4: 000.000.000.000 +a:sv XXXX.xserver.jp +mx ~all

を入れる。

「000.000.000.000」「XXXX」の確認方法

URLが入ったメールの場合、Gmailの「プロモーション」に振り分けられることがあります。

この部分は仕方のないことかもしれませんが、

参考になる記事を見つけましたので、気になる方はこちらを参考にしてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。