独自メールアドレスなのに、迷惑メールボックスに!?泣

という情報を防ぐための方法です(エックスサーバーでの対応手順です)。

 

動画解説

 

対応手順

SPF設定をして、Gmailの迷惑メール判定を対応します。

SPFレコードの設定とは

=Gmailに正しいメールアドレスだと認証してもらおう!というものです。

SPFとは・・・メールの送信元のドメインが偽装されていないかをチェックするための仕組みです。

 

図解説

エックスサーバー>インフォパネル>DNSレコード設定>対象のドメインを選択>DNSレコード追加

という順に行なっていきます。

(※)v=spf1 +ip4: 000.000.000.000 +a:sv XXXX.xserver.jp +mx ~all

を入れる。

「000.000.000.000」「XXXX」の確認方法

URLが入ったメールの場合、Gmailの「プロモーション」に振り分けられることがあります。

この部分は仕方のないことかもしれませんが、

参考になる記事を見つけましたので、気になる方はこちらを参考にしてみてください