コストコに行って感じた”第一印象”の捉え方、創り方

こんにちは、WEBプランナー田原です!

今日は金曜日!ということで明日からお休みから〜!!

ではなくて、僕は土日どちらかは仕事をして、平日に休みをとっているので、今日は休みにしていました。

今日は久しぶりにコストコに行きましたよ〜!ハワイアンピザが期間限定で復活していたので、ペロリと食べちゃいました^^

コストコに行くと決まって買うものって、家庭によって様々だから面白い!

うちは、「シャケ」「豚しゃぶ肉」「鶏肉」「セロリ」「キノコ類」がメジャーで買うものですね!

コストコって倉庫スタイルだから、

「安そうなスーパーなんかな、、」

「質はあんまりよくないんじゃないかな、、」

って思っていたけど…..実は違うんですね!!!汗

矢田亜希子さんがコストコ女王としてTVでよく目にする機会が増えて、コストコってただの激安スーパーではない、むしろ年会費もかかるから、ちょっと良い会員制の大型スーパーだということを、やっと最近わかってきました(←今更かいっ!!笑)

会員制って言うだけでもブランディング立ちますよね!!

そう、ここで思ったのが、スーパーの見た目や価格が安いからと言って、良くないものだと固定概念で決めつけちゃうクセってあるなと。こういうのって僕たちビジネスをしている人にとっても大事な要素。

中身は良い!内容は良い!というのは分かっていたとしても、発信している僕がオンボロの服を着ていたり、こんな格好していたら、コンサルやプロデュースを受けたいかと言われると、おそらくあなたも嫌だと思います(苦笑)

(↑2018年にスリランカに行った時の写真ww ココナッツを飲んでますww)

この写真より、コンサルとかだと、やっぱりこういう感じの方がイメージつきますよね!

また、この写真よりもカジュアルに見せたいなら、フードの服を着るのもあり。ただ、フードだけだとラフ過ぎるから、ジャケットをきて、かつ自分らしさを出せているのはやっぱり笑顔の写真!

あ、自分の写真ばっか載せてたらキモくなるので、そろそろ辞めます(笑)

まともあれ、今日は何が言いたいかと言うと、

ぱっと見の印象、つまり写真や言葉自体にも第一印象があるので、これをうまく活用しないと特にビジネスでは勿体無いってことです。

コンサルタントって言うと、僕が思う固定概念は、「なんか偉そう…」。

だから僕はコンサルタントという言葉が好きじゃなくて、今では「WEBプランナー」という肩書きにしています。

「それって何?!」と一発で理解されないことも多いけど(笑)、でもそこから会話が生まれたり、僕の価値観を伝えたりすることができるので、僕としてはありかなと。

そして、こういう話をすると、「私もコンサルタントっていうのに違和感を感じていました」とメッセージをいただくことも多くなり、そういう方とは価値観も合うので、ほんと良い関係が築けている!というのが現状です^^

なので、「コストコ=安売りのスーパー」と僕が思っていた印象も、矢田亜希子さんがコストコについてテレビで語ってくれているので、「コストコ=女優も通う会員制のスーパー」としてブランディングが僕の中では創られました。

僕たちもビジネスで当てはめると、立ち上げ時期もそうだし、リブランディングするときも、「相手にどう思われるのがベストなのか」という第一印象を考えて、意図して戦略を作るといいなと。

自分らしさってあるけど、自分らしさの中にも、相手への敬意を払って「どんな人と繋がっているのか」と言う相手にとって自慢したくなる存在でいることも、特に個人でビジネスをしている僕たちにとっては大事だなと改めて感じました。

ちょっとした身につけるもの1つで変わります。実は、僕はずーーー〜っと腕時計をしていなかったです。時間を見るならスマホでもいいし。

でも、ある経営者さんから「時計は立派なものをつけておくといいよ」と言うのを、かれこれ5年前から言われていたので、子どもが産まれた記念に、初めて高級時計を買いました。

それで、何が変わったかって言うと、、、

「これを買えた自分!!」と言う自己肯定感が上がったのと、あと一緒にいる人から「あ!その時計アレですね!!ちょっと見せてくださいよっ!」って言われるようになって、「あ、みてる人は見てるんだな」って実感。

別に高級なものじゃなくてもいいと思うんです。相手にとって、「私、こんな人と繋がってるのよ!」って自慢になる人に、外見も内面もなっていきたいなと思います^^

さ!明日は仕事します!月1回のインプットDAYであるマーチャントクラブもあるので、楽しみです!

では!

BE NICE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。