たまたまFacebookを見ていて、知らない人のオンラインセミナーに申し込んでみました。 
今回は、なぜ私がFacebook広告を見て、知らない人のオンラインセミナーにすぐに申し込みまでしたのか、を読者目線で分析してみました。
もしあなたが、Facebookなどの広告を使っている、自分のSNSやブログ、メルマガなどでサービスをオファー(提案)しているけれど、
  • なかなか申し込みが入らない…
  • どんな切り口で打ち出せばいいかわからない…
  • キャッチコピーで悩んでしまう…
  • インパクトのある画像が作れない…
などの悩みを持っているのだとしたら、今回の記事はお役に立てるかと思います。
さて、早速分析していきます!

今回私がパッと見て、すぐに申し込んだFacebook広告

今回私が申し込んだのはこちら↓
 

SNSで自分が気になるものを見つけたら、あなたは何かに引き寄せられた証拠です。

 

今回、私は1つのキャッチコピーに目がとまりました。
 

「あっという間に上がる話し方講座」

 

これは私自身が、「人に伝える」ということがあまり得意ではなく、
  • 滑舌が良くなかったり
  • 言葉に詰まったり
  • 早口になったり
  • 抑揚がつけられなかったり
と悩んでいて、

どこかで知りたいな、習いたいな、と思っていたので、ドストレートで興味を持ちました。

そこから申し込みまでの心と行動の流れはこちら。

人の行動と心理状態を分析してみた

①Facebookで興味がある画像を見つける。
シンプルでかつ悩みに訴求するヘッダー画像
「お!なんだこれ?!ちょっとクリックしてみようかな」
「爽やかそうなイケメンだ(笑)」
②クリックする
「広告に出ていた写真の人だ」「シンプルだなぁ」
(一貫性があったので、違和感なく下へスクロール)
③誰が、何を教えてくれるのか、が分かった
この人のプロフィールが書いてあった

「なんか良さそうかも」
④セミナー開催日と時間を見る
「今週末かぁ、スケジュール空いてたかなぁ」


⑤自分のスケジュールを見て、空いていることを確認
「まぁ1時間ならいいかな!」
⑥本当にこれに申し込んでいいかな、ともう一度上にスクロールして、何が学べるのかチェック
「なるほど、ちょっと聞いてみようかな、ちょうど学んでみたかったし」
⑦ポチっ!申し込み

改善点はこの2点

1点目の改善点


ページの下に「ご相談・ご質問(ご質問・ご相談がありましたら入力してください)」とあります。

この部分で私は入力をしませんでした。
なぜか??

それは、「ご相談・ご質問」はこの時点で何を書けばいいかわからないからです。 
私は、セミナーに参加してからではなくて、セミナーに参加する前にどれだけ接点を持てるか、お客さんのことを知れるかが非常に大事だと考えています。

では、こういう時どうすればいいか??
というと、私の経験からいうと、こうするとコメントを書いていただきやすいです。 
「話し方や伝え方で、どんなことで悩んでいますか?」
「こういうことを改善したい!ということがありましたら教えてください。」
「いただいた内容をできる限りセミナーのQ&Aで応えさせていただきますので、アンケートにご協力お願いします。」
いかがでしょうか??
ちょっとやんわりとして、書いてみようかなと思いませんか??
事前にアンケートを取ることで、ただ参加するだけでなく、目的意識を持って参加してもらえるようになりますので、ぜひ活用してみてください。

2点目の改善点

自動返信メールが英語!!!!
いやいや、なんて書いてるかわからんし!!
なんとなくは分かりますが、受け取り側としてどう感じるか、何が使いやすいか、
伝わりやすさをもっと意識すると、
「丁寧だな」
という印象が伝わると思いました。
あとは、前日や当日に来るリマインドメールがどんな内容になっているかも調べてみたいと思います。
ひとまず今は、当日のオンラインセミナーが楽しみです!
また検証内容をお届けしたいと思います!

まとめ

今回は、オンラインセミナー についてのことでしたが、会員制サービスに興味がある人に対してもそうですし、何かサービスを販売するときも非常に有効なアンケートの取り方であり、流れになります。
 
私もそうですが、どうしても伝える側だと見えなくなるところが出てきますが、みなさんが参加する立場だと、どう考えるのか?
 
それを分析してみると、必要なことが分かってきますよ!
 
参考までに、他にもヘッダー画像だけで興味を持つものがありましたので、シェアのため載せておきますね!