2021年3月16日にYOUSEED株式会社を設立し、早いですが1年経たずに1期目を締めました!新しい期のスタートは末広の「8」にちなんで、決算月は7月にしたからです。

創業としては4月からのスタートでしたので、法人化して4ヶ月。このコロナ禍の中でまだまだ課題はありますが、徐々に見えてくるものもありました。

先週末、ちょっと振り返る時間を作ってみたのですが、自分の強みを発掘したと言いますか、なぜ自分が今、厳しいビジネス界の中で生き残っていけているのかもわかった気がしました。

それが何かというと…. WEBマーケティング力がすごかったから!!!

ではないんです(笑)

もちろんクライアントさんは僕のWEBスキルなどを評価してくださっていますが、これが根本の原因じゃなかったんですね。

じゃあ、何なのかというと、、3つの理由がありました。

クライアントさんが僕を選んでくれている3つの理由

ズバリ、こちらです。

お客さんが信頼してる人が、田原を紹介してくれているから

専門家という肩書きがないので、何でも相談・依頼できるから

僕の周りにいる人たちが素敵だから

具体的に順番に深堀してみました。

1.お客さんが信頼してる人が、田原を紹介してくれているから

WEBでまったく僕のことを知らない人に商品やサービスを売っている数字よりも、明らかに僕と一度リアルで会った事がある人や話したことがある人がクライアントさんになっている割合が多いです。おそらく8割はそうだと思います。

起業した当初から売上が作り出せているのは、リアルで会うことを大事にしているからというのは大きいかもしれません。僕の勝手な言い分として、特にプロデュースする方や個別コンサルをする方には、必ず会いに行っています。東京だけでなく、静岡や香川にも行ってきます。人と出会い、そして直接会話を持つことで、信頼関係が生み出せるのは、間違いなく12年間、会社で営業職として勤めてきた経験があるからだと思います。

そして、僕を紹介してくれる方がいるということです。ありがたいことに、特にLP制作に関して言えば、一度お仕事をさせていただいた方から、その方のクライアントさんを紹介いただいたり、ビジネス仲間をご紹介いただいたりとしています。

とにかく僕は、ただ指示されたものを作って終わり、というのはしたくありません。印刷会社で勤めていたときは、納品したら売上が立つので競合会社よりも安く値段を出して、納品したら終わりっ!!と、今考えるとよくないのですが、そう思って仕事をしてしまっていました。だけど、個人事業主となり、会社の代表となり仕事をしていくにつれ、価格が安いことは、お客さんにとって必ずしもいいわけではない、ということを知りました。

印刷会社で勤めていたときも、うちより安値で既存の仕事が取られたことがありましたが、時が経つとお客様から

「田原さんのところは値段は高いけど、品質がいいよね。今のところは安いけど、インクズレやクレームがたまにあるんだよね。だから、今度の仕事はすごく色にこだわっているところだから、多少高くても田原さんのところにお願いしたいと思ってるんだよ。でも、ちょっとは価格も交渉させてくださいね!」

と言われたことがあります。

僕は、ただ安く仕事を受けることはしません。他よりも安かったら仕事を回す、と言われても、お客さんがなぜこの仕事をしているのかといった想いが薄かったらお断りしています。

こういう部分を大事にして仕事も受けているので、安心して僕に仕事を紹介してくださっているのかもしれません。

2.専門家という肩書きがないので、何でも相談・依頼できるから

以前まで僕はWEBコンサルタントとして名乗っていましたが、最近では肩書きを特につけていません。

もちろん代表という肩書きはありますが、これをやっているという縛りを設けていないんです。WEBマーケティングといったら、WEBのこと以外は相談できないと思うだろうし、勝手にこの人はこれの人、と刷り込まれてしまうんですよね。

僕は、お客さんが悩んでいることや解決したい事があれば、僕ができなくてもできる人を探して組んで仕事をします。どうしてもできないときは、紹介だけでもします。

先日、専門家を名乗る必要はなんじゃないか?という記事をアップしたら、こういうメッセージもいただきました。

avatar
私も専門家にならない立場なので、田原さんのお気持ち分かる気がします。

でも、トータルでプロデュースできる事ってすごく強いですよね。

信頼できる専門家のコネクションが有れば良いだけですもんね。

田原さんの強みはその人の為に役に立ちたい!というお気持ちそのものだと私は思います!

いつもありがとうございます!

このメッセージをもらって、僕自身ハッと気づきました。

僕たちはビジネスをある分野でやっている以前に、いち経営者だということ。経営者っていうのは、お客さんの役に立つことが大事だと思うので、何かに縛られずに純粋に役に立ちたいと思って行動することが、僕のポリシーかもしれません。だって、自分でもそういう人に関わって欲しいからですね!

3.僕の周りにいる人たちが素敵だから

最後に、クライアントさんによく言われるのが、「田原さんの周りにいる人って素敵な方ばかりですね!」ということです。

これは本当にありがたいことに、ほんとそうなんです(笑)

自分でいうのもなんですが、僕はめちゃくちゃピュアです(笑)純粋すぎるゆえ、騙されたこともあります。でも、騙すより騙される方がましです。なんかワンピースのルフィやドラボンボールの孫悟空、鬼滅の刃の竈門炭治郎みたいな感じがしていますが、でもほんとにそう思っています。もちろん、騙されない目を養っているのでご心配なく!

いろいろなご縁がつながり、出会ってきた方と、ただ通り過ぎるんじゃなくて、その人の良さを活かす事ができるなら、僕は応援したいです。

僕よりもライティングがうまかったり、デザインがうまかったりする人は世の中めちゃくちゃいます。だから、クライアントさんと話す事で、僕じゃなくて他のビジネスパートナーさんに仕事をお願いすることが僕は多々あります。

これは、僕が実力がないからというわけじゃなくて、餅は餅屋じゃないですが、自分が持っていないものは、それが得意な人と繋がってお願いして、クライアントさんの要望を見出していく。もっというと、感動するレベルにまで持っていく事がきたら、みんな嬉しいと思うんですよね!

実際、1期の決算が終わり、ファイナンシャルアドバイザーの方から、「外注費が少ない業種のはずですが、54%と高いですね。」と言われました。

普通だと確かに高いと思います。ですが、得意な人・会社に仕事を回してお願いすることで経済も回るので、僕は雇用を生み出すくらい良い事だと思っています。

その分!!!僕がやるべきこと、僕だからできること、要は「企画」の部分にもっと時間も労力も使えるようになるわけです。

といっても、まだまだディレクションは僕自身がやっています。LP制作事業はおかげさまで毎月定期的にあります。10月も5案件決まっています。

なので、僕の願いは1つ・・・・・・

ディレクションできる人が欲しい!!笑

ただディレクションをできる人じゃなくて、マーケティング、セールスコピーライティングを学び実践できる人と仕事がしたいので、そこは、僕と組んだあとに一緒に学び、レベルアップして欲しいと思います(ちなみに一緒に仕事がしたい方はこちらからご応募ください)。

YOUSEED株式会社の2期目の目標

YOUSEED株式会社の2期目は、3つ目標を掲げました。

・1つ、「雇用を生み出す」ということをします。

・2つ、「印刷会社、デザイン会社、広告代理店向けにセールスコピーライティングの講演」を実施します。

・3つ、「福岡でWEBマーケティングの基礎が学べ、アップデートでき、顔が見えるコミュニティを300名」にします。

宣言したからには成し遂げます!

それでは、YOUSEED株式会社 2期目もよろしくお願いします!

YOUSEED株式会社 代表 田原靖識