こんにちは、YOUSEED株式会社の田原靖識です。

今、このページを見ている方は、何の専門家ですか?何という肩書きで活動していますか?

僕こそ、WEBマーケター、WEBコンサルタント、WEBディレクターとして色々な活動をしていますが、昔からよく悩んでいたことがことがあります。それは…

avatar
田原さんって、何の専門家なんですか?!いろんなことをしているから、どんなことをしてくれるのか分からなくて… 絶対1つに絞った方がいいですよ!

僕は、

  • コンサルティング
  • LP制作
  • ホームページ制作
  • セールスコピーライター
  • WEBデザイン
  • YouTubeコンサルティング
  • LINE設計
  • ライブプロモーション
  • 動画撮影、編集
  • 会員サイトの構築
  • 事務局運営代行

などいろんなことをやってきました。

確かにこれだけだと、何が得意で、どんなことを依頼したらいいかわからない、、という意見もわかります。実際に僕もそう思っていたので。

専門家として名乗れないデメリットはもちろんあります。

専門家として名乗れないデメリット
・何者かわからない、何屋さんかがわかりづらい
・私に何をしてくれるのかが、どんなことで役に立ってもらえるかがわからない
・田原さんがどんなサービスを提供しているのかわからない
・田原さんにどれを頼めるのかわからない

このページを見ている一部の方も、こういうことで悩んでいる人もいるかもしれません。

いい意味で、いろんなことがオールマイティーで出来るからこそ、1つに絞れない、というのもあるのかもしれません。

でも、この「◯◯の専門家」という肩書きがない方がいいのではないか??と最近思うようになりました。というのも、

ビジネスをしていく上で、フルマーケティング(全てのマーケティング)ができることが最強です。

そして、そもそも経営者として、なにが一番大事かと言えば、クライアントの役に立つことですよね?

そういう観点で見れば、僕はクライアントさんが悩んでいること、解決したいこと、やりたいことを全てサポートできるし、またはコミュニティやチームメンバーで解決しています。

じゃあ、専門家と名乗らないことのメリットを逆に考えてみたのですが、こういうことが見えてきました。

専門家と名乗らないメリット
・1つのことだけではなく、他の仕事にも関われることができる
・仕事の一部ではなく、上流工程(川上)から関わることができる
・複合的に仕事に関われるので、売上の総合計が高くなる
・何か新しいプロジェクトを始めるとき、相談役として声がかかるようになる

これらはごく一部ですが、デメリットの反対側には、このようなメリットもあると気づきました。

そもそも、僕たち経営者の会社としての最終目的は、売上・利益を上げることです。よく考えると、僕自身、昨年から売上高を2倍にできている理由は、ここにあります。

WEBマーケッターやWEBディレクターと肩書きをつけた瞬間、売り上げや単価感ってある程度決まってしまいます。例えば、LP1本15万円とか、動画編集1本1万円とか。

相手がよく知っている人ならなおさらで、単価を3倍、5倍、10倍と上げることはできません。だったら、枠を取っ払って、専門家と名乗らないからいいんじゃない?!という考えに辿り着きました。

専門家と名乗った瞬間、売上だけでなく、成果の基準値も決まってしまうし、そこからなかなか面白い提案することができなってしまうことに気がついたので、

これからは、「専門家と名乗らない男 田原靖識」ですかね(笑)


もちろん、専門家として名乗らないのはものすごく厳しいですし、よくわからない人と片付けられることも多いですが、レベルの高い起業家や経営者の方ほど、こういうところを評価してくださる方も多いので、僕自身は、こういう立ち位置でビジネスをしていくことにしました。

僕自身、もともと印刷会社で働いていて、ペーパーレス化、オンライン化を進めているのに、印刷会社だから紙媒体をずっと提案していることに違和感を感じていました。時に、お客さんに「YouTubeをするといいですよ!」「LPを作ってFacebook広告を出すといいと思いますよ!最近YouTube広告もよいので検討してみてください!」と働いていた会社では仕事にできなかったことも提案していました。

本当にクライアントさんと長く付き合っていきたいのであれば、あえて専門家を外すという選択肢はあっていいと思います。

特にインターネットを活用した集客や販促モデルは流行り廃りのスピードが早いです。だからこそ、

僕らは、専門家として名乗らないからこそ、面白い企画ができます。

僕らは、専門家として名乗らないからこそ、1つのことだけではなく、本当に良いと思ったことを提案できます。

このページを見ていただいている方も、今やっていること、取り組んでいる集客や販促活動にどこか違和感を感じているのであれば、お役に立てるかと思います。

あなたのどこかにひっかかるものがありましたら、ご相談ください。

YOUSEED株式会社 田原靖識