こんにちは、田原です!

昨夜22時40分、突然チャットワークにクライアントさんからメッセージが飛び込んできました。

今はがっつりプロモーションに携わっていない方なのですが、かなり急ぎのお願いがあるとのこと。

どうやら、今オファーしているプロモーションでオファーのセールスページが間に合っていないようで、なんとか至急作ってほしいと。

翌日8時には家を出て外出する予定だったので、作業時間は捻出しても3時間程度、、

「どうする???」

「断るのも大事!」

と思いましたが、


これはマジで僕が断ったらこのプロモーションがコケるかもしれない、と思ったので、僕ができることはやろうと決め、やりましょう!と連絡を入れました。



すると、、

「今講義中なので終わり次第返信します」

とのこと…(マジかーーー苦笑)


おそらく返信が来るのは、1時間後…


でも、この1時間が勿体ない。



返事が来た時に「やっぱりいいです」と言われるかもしれなかったけど、

間に合わないよりは着手したほうがいいだろう、と思い、


ここは持ち前の火事場のなんとかというやつですよ、、、


やればできる!


そう思ってできるところだけでも進めていきました。


そのあと、講義が終わったあとに連絡をいただき、正式にお願いします、とご依頼をいただきました。


が、さらにそこから追加依頼が…


動画をカット編集してページに埋め込みたい、という追加要望もあり、ドタバタとFinal Cut Proを起動させ、8GB以上の動画を編集開始!


レンダリングに時間がかかるだろうと思ったけど、ここはMacの最新M1チップ!!

10分かからずレンダリング終了!
(パソコン買い替えててよかったー!!前のパソコンだったら余裕で2時間以上かかってたw)

そして、すべてが完成したのは、作業開始から3時間ほどで、夜1時過ぎでした。


次の日は朝早くだったので、さすがにきつかったけど、

でも、こういう緊急のときにクライアントさんの役に立つことができたのは、かなりやりがいを感じました。



このやりがいを感じた理由の1つが、

自分がこれまでWEBスキルを実践で磨いてきたこと、スピードを大事にしてきたこともありますが、


クライアントさんから、

「この分は緊急対応ってことで多めに請求してくださいね!」

と言っていただいたこと。



緊急なとき、助けてほしいときって、ビジネスをしていたら誰しもあります。



安く外注さん、業者さんに依頼するのは経営者なら大事なことだけど、義理人情じゃないけど、こういう「気持ち」ってすごく嬉しいものです。


こういうときにケチるんじゃなくて、倍の値段でも払って、

「また次お願いします!」

という対応をしていただくと、請け負っている側も、


「また何かあったときは力になろう!」

と思うものです。



良い売り手は、良い買い手

という言葉があるのですが、

優秀は販売者は、自分がサービスを提供してくれる人に配慮して気持ちよく仕事を依頼します。


「俺は仕事を出してる側だぞ!お金ならいくらでも出すからなんとかしてくれよ!!」

と直接言われなくても、そういう気持ちが見えた瞬間、どれだけ優しい業者さんも、心が離れてしまいますよね。。

発注側がえらいわけではないのはわかっているはずだけど、どこかそう感じでしまうのは、小さい頃からテレビやドラマ、時代劇などで見ている影響かもしれません。



どんな起業家、経営者になりたいか。

大袈裟だけど、自分が死ぬ時、どんな風に言われたいか、


そう考えてみると、自分の日々の生き方、仕事の仕方が変わってくるかもしれませんね。

というわけで、僕もいつもお世話になっている方へ、気持ちを何かの形にして届け用と思います。

「いつもありがとうございます」と一言打ち合わせの前に声をかけるだけでも気持ちが伝わりますよ!