生命保険の見直しから学んだこと〜ビジネス編〜

こんにちは、田原です!

今日は、今入っている生命保険の見直しをしてきました^^

 

会社で働いていたときは、

生命保険を給与天引きにしていたから

保険の人と話すのがめんどくさくて

「そのままでいいです」

なんて言っていたけど、

 

ちゃんと考えたら、

今それいらんやろ・・・という内容や、

逆にこれはつけておいた方がいいよな

というものが出てきたんです。

 

そのときに必要なものは、

そのときライフスタイルによって変わってくるので、

いつも同じでいいわけがない

という教訓にもなりました。

 

これってビジネスでも、

自分からすれば

「これがいいんだ!!!」

と思っていても、

 

客観的に見てみると

「あ、これ無駄やん」

「てか、こっちのようが良くない??」

っていうことが見えてきます。

 

このとき大事なのは、

ひとりで考えるんじゃなくて、

プロの人と一緒に考えるのがいいですよ!

 

ちなみに、

保険だったら、

今の保険会社の人に相談したって、

その保険会社の持っているものでしか代替案が出てこないので、

第三者のプロに見てもらうのがポイントですからね!

 

ビジネスでも、

あんまり売上あがっていないなかったり、

集客がうまくいっていないなら、

「今のやり方を疑う」

ということも大事です。

 

5年前に流行っていたことを今やっても通じないことが多い。

でも、「前はこれでうまくいった!」という成功体験があると

昔のやり方にこだわりすぎる人がいます。

(これは、会社でも同じ。

新しい手法やアプローチを取り入れないと絶対に衰退する)

 

特にネットを活用しているのであれば、なおさら。

 

インターネットの情報は変化のスピードがかなり早い。

 

もちろん原理原則として変わらないこともあるけど、

それは本質の部分。

 

やり方に固執すると痛い目にあうので、

こういうときは、

他のプロの人の意見を聞いてみる

というのもアリです。

 

もし、今の状況で困っていることがあれば、

僕でよければ一度相談してください。

 

客観的にお話しさせていただきます。

(あくまでも私のフィルターを通してのことなので、

他の人と話すことが違うことがあります。怒る人はご遠慮くださいませ〜)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。