テニスレッスンから学ぶ情報発信のコツ

おはようございます、田原です!

東京3日目となりました。

出張でまさかの風邪気味という状況ですが、

ポカリスエットと薬を飲んで頑張っております(苦笑)

さて、

昨日はブログやLINE@などをサポートさせていただいている

ワールドテニススクール様にお伺いいたしました^^

メルマガにしてもLINE@にしても、

ただ「始めましたよ~」と言ったところで

誰も登録してくれません。

なので、是非ともコレをつけてください^^

それは・・・・

【特典】

です。

「おっ!これが貰えるなら登録しとかなくっちゃ!!」

というようなプレゼントを用意して、

馬の目の前に人参をぶら下げるように、

その人が欲しいものを見せてあげることが、

人を動かす一番の要因となります!

なので今回は、

テニスが上達するためのプレゼント動画を撮ろう!

ということでお伺いしました。

元々はコーチ同士での撮影をしていただく予定でしたが、

僕を鍛える方が面白そうww

ということで、

秋山コーチと石井コーチのダブルレッスンをしていただきました^^

石井コーチのYouTube動画はこちらです

(練習風景の動画は用意でき次第貼り付けます^^)

実は、コーチ同士で動画を撮るのを辞めた理由は

もう一つあるんです。

テニスが出来る人同士だと、

すでに自然とできてしまっていることが多いので、

なんでこの人はできないんだろう・・・

伝えているんだけどな・・・・

と、

分からないことが分からない

という状況が頻繁に起きます。

これ、実はいろんなところで起きるんですよね。

えっ、普通にこうすれば出来るじゃん!

という発想になっちゃうわけです。

僕もワードプレスのブログ作成など、

普通にできてしまうわけですが、

なんでそこが分からないのかが不明なときがあります。

「えっ!それ、ネットで調べればすぐに出てくるやん・・・」

「えっ、そこにボタンあるやん・・・」

みたいな感じです。

情報発信をするときは、

すでに自分が知っていることだけを伝えるのではなくて、

「育て甲斐がある人」を用意して、

手取り足とり成長させて行く

というストーリーを作ると、

観る側は引き込まれるんですね!!

すでに今あなたがサービスとして提供しているものがあるなら、

それはあなたがプロだから、知っていて当然のことでも、

他の人にとったら、目から鱗!というような内容が盛りだくさんなんです。

ぜひ情報発信をするときは、

自分だけで発信するのではなく、

【モデル】を用意するのもオススメですよ^^

さて、

今日は13時からセミナーです。

では行ってきます!

PS.

昨日のテニスレッスンで

早くも筋肉痛がきています(苦笑)

でも、筋肉痛って本来動かない筋肉を無理に動かしているってことですよね。

ってことは、多少のことは今できないこともできるってことじゃないかな??

と思ったわけです。

運動にしてもビジネスにしても

自分の限界値は、

実は自分が思っているよりもはるか先にあるので、

簡単に諦めてちゃ、いかんぜよ!

ってことです^^

さ、日曜は自分の成長のためにも

時間をつかっていきましょう!

2件のコメント

ありがとうございます
プレゼントを準備すること
何も知らない人に手取り、
足取り教えるように作れば
いいのですネ。

あと、多くの人に見てもらうには、
どうすればよろしいでしょうか?

コメントありがとうございます^^

見ている人に「気づき」を与えるということが良いかと思います。

「えっ!そうなんだー!」

ということってあるかと思います。

そういう気づきです^^

また多くの人に見てもらうためには、
第一に

「見て欲しい人は誰なのか?」

「見てくれた人に、どうなってほしいのか?」

を明確にすることからです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。