無料オファーやフロント商品は、必ずしも要るとは限らない

こんにちは、田原です!

今日は仕事はお休みして、プライベートの時間を過ごしていました。


福岡の嘉麻市ってところにある「ビストロ松の木」さんに行ってきて絶品のイタリアンランチを♪

続けて、近くの「うすい」っていう道の駅に行って、これまだプリプリの海老ロールを購入!

その後はコストコに行って、色々と食材を買い込んで、やっとこさ家についてこの記事を書いています♪

なんか1日バタバタでした(笑)


平日に休みが取れる仕事の仕方ができるって、改めてありがたいなって思います。


さて!今日のテーマは、「無料オファーやフロントは要らない」です。


あなたもビジネスを学んでいるのであれば「フロント商品」「無料オファー」なんていう言葉を聞いたことってあると思います。

いきなりセミナーをオファーしたり、商品の販売ページを送ったりするよりも、「興味づけ」をするためにまずは「お試し」として、無料の動画セミナーやPDF冊子などを送ったりする。

そして興味を持ってくれた人に、オファーして購入してもらう。

こういうのをネットの専門用語で「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」と言うこともあります。


で!

昨日、ビジネス仲間から、
今度セミナーがあるからよかったら来てくれませんか!?

とお誘いをいただいたので

「いいですよ!」

と答えて、そのあと、案内メールをもらったんです。


ま、ここまでは普通ですよね。

で、その送ってもらったメッセージを見ると、


「セミナーの『せ』の字も書いていない…」

「あれ?これ何のページ??」


まぁまぁまぁ、もしかしたら、送ってくるメッセージを間違ったんかな!

おっちょこちょいやけんね!

そして、そこにあるURLをクリックしてみると、、、、


公式LINEへの登録誘導ページ…

(2000円オフのセミナークーポンがあるという表示はされていました。)


「あ、あれ???俺はセミナーに申し込みたいんだが….」


そして思ったわけです。

ああ、なるほどね!LINEを登録してからセミナーの案内がくるわけね!


そして、LINE登録をしてみたら、


やっと、、、、、、



アンケートが表示されました。。


セミナー申し込みのページじゃないんかいっ!!!!!


そして、複数のアンケートに答えていくと、、、、

やっとセミナー募集ページに到着。



はぁはぁはぁ、、

俺、セミナーに申し込みたいだけなんですが、、、



そして申し込もうと思ったら、そこには、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セミナー参加費3000円

<今すぐ決済する>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という文字が…

「あれ??2000円オフじゃなかったんかーーい!!」




まぁ、いいんですが、それでやっと3000円の参加費を払うことができたわけです。



これ、今あなたも読んでもらったら、

「なんじゃそりゃ!!まわりくどいわ!!」

って思ったと思うんですが、


いざ【主催側】になると、こういうことって忘れがちになるんですよね。


まずは興味を持ってもらって、それでよかったらセミナーに来てほしい


その意図はわかるけど、「セミナーに来て欲しい」ということでオファーしているのであれば、セミナー募集ページを送った方が早いわけです。


アンケートをしてほしいのであれば、何も【前】に持ってこなくて、【後ろ】に持ってくればいいわけです。

一般的には

・無料オファーを送る

・アンケートに回答してもらう

・セミナーページ表示

・ありがとうメッセージ

・セミナー当日


というのが王道だけど、


呼びたいターゲットが明確なのであれば、僕なら、

・セミナーページを送る

・アンケートに回答してもらう

・ありがとうメッセージ

・セミナー当日!


とします。



いろんなことを学んでいる中で【こうするのが正しい】というのを教わっていても、

呼びたい人やターゲットによって無料オファーは必要なくなるし、

内容を変えなくても、順番を変えるだけで、ズバッと刺さる訴求になることってあります。


あなたの事を知らない人に情報を届けるのであれば、もちろん、無料オファーやフロントはあると良いです。


「だけど、必ずしも必要なのか?」

と言われたら、そうじゃないこともある。


そういう視点で見れるようになると、ビジネスの幅がもっと広がるし、もっとズバッと刺さるものになります。


個別にどなたかにメッセージを送るときなどはぜひ試してみてください^^

この意味がわかったら、申し込み率も成約率もグンとあがりますよ!




Ps.

かなり直近の出来事だったので、生生しく書いちゃいました。

本人さんも見ているかもなのでお伝えしておくと、

悪いと言っているわけではなく、そう思うよっていう 一意見です^^

でも、こういう視点を持っていると、お客さんへの提案の幅も広がりそうじゃないですか?!

こういうような考え方の幅や仕事の幅を広げるためにも、Webプランナー体験セミナーを開催しています。


今月は29日がラスト開催。

興味がある方はこちらから詳細をご覧いただきまして、お申し込みください^^

Webプランナー体験セミナー

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。