TODOリストが終わらない人は、この3ステップで解決!

こんにちは、田原です。

ビジネスをしていると、やりたい事、やるべき事がたくさん出てきます。

今、プロデュース案件がいくつか動いているのですが、

「あれもやりたい!」「これもやらなくきゃ!」とお盆前はテンヤワンヤしていました。

お盆中は基本仕事をお休みしていなかったので急な連絡はなかったですが、思ったように進んでいない案件が出てくると、やっぱり焦るものです。

でも、お盆の3日間、極力パソコンも見なかったので、逆に頭がクリアになって、何をやらないといけないかをはっきりできました。

8月にやろうと思っていたことが、まだカタチにできていない焦り、、、でも、こういうときこそ、以前教えてもらったアドバイスを思い出したんです。

それは・・・

とにかくやらなきゃいけないことを書き出してみよう。それで、1つずつ終わらせよう。

ということです。

  • やるべきことをノートに書き出す
  • TODOリストを作る

これって良く聞きますよね??

でも、ここから大事なことは、たった1つ!

1つずつ終わらせること。

例えば僕が今日やらないといけないことはこれ。

  • ブログを書かないといけない
  • メルマガを更新しないといけない
  • コピーの添削をしないといけない
  • プロモーションのステップメールを書かないといけない
  • クライアントさんのコピーを書かないといけない
  • スケジュールを報告しないといけない

やらないといけないことはたくさんありますが、1つずつやること。

以前、ワンシングという本を紹介してもらいました。

人はマルチタスクができるように思っていても、実は全然できない生き物…

僕だって、できる営業マンのようにバンバンこなしていきたいです。

同時並行で仕事をどんどんこなしている人をたまに見かけますが、よーーーく観察してみると、実はやるべきタスクを1つずつ完了させて、そして次のタスクに進んでいるんだと知りました。

その完了させるスピードが、ものすごい勢いだから、同時並行しているように見えるとのことです。

男性は1つのことしかできなくて、女性の方は同時に複数のことができる、と脳科学で言われることがありますが、脳みその作り自体は男性も女性もそんなに変わらないし、そもそも脳みそはマルチタスク用に作られていない、というのをまず自分で理解する。

自分の能力を過度に期待しない、というのが正しい表現かもしれません。

僕も、この作業なら30分で終わるだろう!と思ってスケジュール帳に書き込んでも、気づいたら1時間半経っていた…という経験はたくさんあります。

なので、たくさんやるべきことがあるなら、この1点集中(ワンシング)を意識すること。

順番としては、

1
やるべきことを箇条書きにする

TODOリスト化する

2
優先順位をつける

やるべきことに順番をつける。今日じゃなくていいものは別ページに書いておく

3
1つずつタスクを終わらせる

今やっていることが終わらないうちに次のものに取り掛からない

この3ステップをやっていくと、今日のTODOリストをしっかり完了させることができます。

やりたいことがなかなか進まない、、という時のほとんどの場合、何もかもが中途半端になっている可能性があります。

なので、1つ終わらせるとすっきりするので、ぜひこのやり方をやってみるといいですよ!

というわけで、僕は今日5つ目のタスクが完了しました。

あと2つのタスクを今からやっていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。