あったらいいな!小林製薬さんからヒット商品創りを考える【第72回ウィークリーたはら】

おはようございます、YOUSEED株式会社の田原靖識です。今日はオフにしているので午後から福岡県篠栗町という山奥にある「わらび野」というお洒落レストランをランチで予約しているので行ってきます!グランドピアノの演奏もたまにやっていて、久しぶりに行くので楽しみでございます♪

今週はマーチャントクラブ福岡の月1の定例会を開催しました。活動レポートは事務局長のゆかさんが書いてくれてるのでよければこちらからご覧くださいね!

マーチャントクラブ福岡の定例会セミナーを僕自身学びまくっているわけですが、今回も思ったこと。実体験に勝るものはない。それにうまく行った情報だけじゃなくて、うまくいかなった事の共有から結果を出せるようになったその道筋を公開してくれるのって、ものすごく価値があること。ほとんどの人がそれをしていないから表面的な情報になりがちだけど、実践している人は、実践しているからこそのリアルな悩みやそこからの解決策がある。

今、教えるビジネスがものすごく多くなってるけど、今自分達が持っているスキル・知識・経験を別の人のために使うことの方が、実は結果が出やすかったり感謝されたりすることが多い。この事実に気づいたので、僕はコンサルタントというよりもプランナーやプロデューサーというポジションで起業家の方や経営者さんと一緒に仕事をするようになりました。ざっくりいうとプランナーのポジションってこんな感じかなと。

この図を見ると、デザイナーやライターはレベルが低いってことじゃなくて、クライアントに携わることのできる領域が違うっていう意味で捉えてみるといいです^^ 制作だけなのか、進行のとりまとめなのか、指示を的確に出す人なのか、専門的な意見を言う人なのか、企画から絡んで全体を見れる人なのか。もちろんポジションや役割によって売上利益も大きく変わります。どこがいいと言うのは人によって違いますが、僕は「プランナー、プロデューサー」という視点で物事を見れるようになると、おのずと関わる仕事内容も変わってくると思っています。このプランナーについては、またお伝えしますね!

それでは今日は、「あったらいいな!小林製薬さんからヒット商品創りを考える」というテーマでウィークリーたはらをYouTubeと音声でお届けします。お好きな方でご覧ください♪

動画ラストに6月1日限定のキャンペーン案内もお伝えしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
tahara
1983年生、福岡県出身。20代前半は東京で一部上場会社の営業職として働き、DM制作やプロモーションを中心とした販促の企画制作に携わる。営業成績も全国トップ5となり、やりがいのある日々を過ごすが、大手ならではの企業体質に葛藤し、2018年4月に独立。 起業後はFacebook広告、YouTubeを活用したweb集客導線の設計やリードナーチャリングを組み合わせた手法は特にBtoB、BtoCにおいて非常に効果が高いと定評がある。 「価値ある想いを最高のカタチにして届ける」ことをモットーに、繁盛する個人事業から中堅企業まで、幅広く支援している。